IR情報を読んでいきます。

IR情報を読もう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ヒトコミュニケーションズ 復習②

【おさらい】
 ヒトコミュニケーションズ(以下、ヒトコム)の事業内容は「営業・販売・サービスを中核とする営業支援」です。
 ヒトコムといえば、成果追求型営業支援企業です。
 販売のアウトソーシングで営業支援をする企業です。

【ヒトコムの成長過程】

 ~第一ステージ~
 ヒトコムは1998年にビックカメラの子会社として設立されましました。
 翌年の1999年に労働者派遣法の改正があり、派遣職種原則自由化となりました。
 時代の流れに乗って、人材派遣業として基礎を形成しました。

 ~第二ステージ~
 2004年に「成果追求型営業支援企業」として成長基盤を形成し、アウトソーシング事業の強化を行いました。
 このビジネスモデルを確立したことにより、業績も右肩上がりで良くなっていきました。
 2005年にMBOを行って独立系の人材サービス会社となりました。

 ~第三ステージ~
 さらに、2011年からは「営業・販売支援力No.1企業」として更に成長することを目標にしています。
 2011年8月末にはJASDAQ上場、2012年の7月24日に東証2部に上場しました。

【派遣市場は縮小傾向】
 派遣事業の市場規模は2008年の7.8兆円をピークに減少しています。
 というのは、2009年に派遣法が改正されて規制強化されたからです。
 2010年には5.3兆円と、派遣市場の規模は縮小している状況となっています。

【強み】
①実践的な研修ノウハウ
 本社内に本物の売り場を再現した仮想店舗を設置、BGMも店舗のものをかけながら研修を行っています。
 販売ノウハウは、たとえば「iPhoneならiPhone」「フレッツ光ならフレッツ光」というように、専門化された研修が用意さ  れています。また、こういったノウハウは他社に盗まれないように、持ち出しは不可能なようになっています。
 安井社長によると、実践的な研修がヒトコムの命であるとのことです。

②景気変動の影響を受けにくい
 クライアント企業の販売促進費は不況時でも削減されにくい特徴があります。
 というのは、販売促進費を下げてしまうと売上が減ってしまうからです。
 また、景気が良くなるとマーケットが広がるため、クライアントは販売促進費を増加させます。
 このように、ヒトコムは景気変動の影響を受けにくいビジネスモデルとなっています。
 実際にリーマンショックの時でも問題なく業績を上げています。

【今後の展望】
 今後は既存事業に加えて、以下の3つの事業を拡大する予定です。

観光事業
 ヒトコムは昨年に添乗員ビジネスを展開するボイスエンタープライズを子会社化しました。
 ボイスエンタープライズは約20年間の実績を持つ海外添乗員のプロ集団です。

省エネ事業
 太陽光発電や蓄電池、スマートメーターなどを扱う省エネ事業を強化していきます。
 成長が見込まれて、ヒトコムの販売の強みが活かせそうな分野です。 

ファッション・コスメ
 「お客様との接点」すべてがヒトコムのビジネスフィールドであるため、広い分野で展開することが可能となっています。

 このブログでは、ヒトコムの通信キャリアへの依存を懸念していました。
 しかし、その懸念は杞憂に終わったようです。
 すでにヒトコムは新たな分野を成長の柱とする施策を打っています。
 ひょっとしたら、またM&Aによって新たな事業を拡大していくかもしれませんね。

【話を聞き終えて】
 ヒトコムは、人のソフト面に力を入れている企業だと感じました。
 実践的な研修がヒトコムの命ということで間違いないと思います。
 また、景気変動を受けにくい事業であることは、リーマンショックにて実証されました。
 クライアントの販売費は売上と直結してますから、削減できないわけです。
 
 今後はヒトコムの目標である「営業・販売支援力No.1企業」に成長していくのか楽しみですね。
スポンサーサイト
  1. 2013年02月24日 10:25 |
  2. IR説明会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメ兵 IRフェスタ復習①

【おさらい】
 コメ兵(ひょう)は愛知県名古屋市に本社を持つ高級ブランド品のリサイクルショップです。
 売上の規模はリサイクル業界3位となっています。

IRフェスタにて、コメ兵のIR説明会に参加してきました。
説明会では石原司郎社長から、事業についての説明をしていただきました。
ざっくりとした事業の内容は以下のようになっています。

【ビジネスモデル】
 まず、中古品の買取をして商品を仕入れます。
 買取では社内の専門バイヤーが査定を行います。
 そして、買い取った商品を販売します。
 店舗はデパートやセレクトショップのようなおしゃれなデザインになっています。
 販売する時に、新品と中古品の同じ商品を、同じ棚で展示するのがコメ兵の特徴です。
 こうすることで、商品の相場をわかりやすくする演出をしています。

【仕入実績】
 仕入全体の約65%は個人のお客さんからの買取です。
 16%は業者から仕入れて、残りの19%は新品を仕入れています。
 新品を取り扱う理由は、品ぞろえを良くして店場に華やかさを演出するためとのことです。

【粗利】
 新品の粗利は15%程度で、中古品の粗利が35%程度とのことでした。
 そうして全体の粗利は30%ほどになります。

【出店状況】
 コメ兵は合計で26店舗を運営しています。
 26店舗のうち、今期に9店舗を新規出店しました。
 予習で懸念していた短期借入金の増加は、やはりこの点にありました。
 担当の人に質問したところ、「攻め」の出店をしているとのことでした。


リサイクルショップ以外の事業は以下のようになっています。

【コメ兵オンラインストア】
 コメ兵では7年前から注力している事業で、毎年2ケタ成長をしている事業です。
 掲載アイテム数は2万8000点と、豊富な品ぞろえを誇ります。
 その平均単価は13万円とのことです。
 現在はコメ兵全体の売上高の12%を占める事業です。
 
【クラフト社の子会社化】
 昨年、コメ兵は名古屋市に本社を持つクラフト社を子会社化しました。
 クラフト社は創業40年の歴史を持つ「タイヤ・ホイールの専門店」です。
 現在は12店舗を運営しています。
 男性のカーマニアを中心に、商品がよく売れるそうです。

【KOMEHYOオークション】
 KOMEHYOオークションでは、業者向けのオークションを企画・運営しています。
 最近設立され、今までに4回開催しています。
 雰囲気は築地市場のようなイメージとのことです。
 このオークションにより、参加する業者さんから手数料をもらうことになります。

【話を聞き終えて】
 システムがうまく回っているなという印象を受けました。
 買取のノウハウが社内にあって、買い取ったものをメンテナンスして各店舗に発送するシステムがあって、
 それをキレイに展示して販売して・・といったシステムがしっかりしているのが何よりの強みのように思います。
 また、「コメ兵」というブランドが消費者に受け入れられているというのも良いですね。
 コメ兵ブランドの信頼感があるからこそ、オンラインストアも高い成長をしているように思います。
  1. 2013年02月24日 08:26 |
  2. IR説明会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IRフェスタ 総まとめ②

総まとめ②では、実際にどんなものをもらったのか載せておきます。

2013y02m18d_001238306.jpg

コメ兵さんからは、ホコリをとるものをいただきました。

2013y02m18d_001241120.jpg

ワコムさんからは、メガネやケータイの画面をキレイにするものをいただきました。

2013y02m18d_001245158.jpg

ケアサービスさんからは、500円分のクオカードをいただきました。

2013y02m18d_001251690.jpg

ヒト・コミュニケーションさんからは、ボールペンとライトをいただきました。

2013y02m18d_001255643.jpg

うおっ、まぶしっ。

2013y02m18d_001300266.jpg

SHO-BIさんからは、女性雑貨をいただきました。
右はオーガニックシャンプーの試供品です。

2013y02m18d_001305307.jpg
2013y02m18d_001352236.jpg

シップヘルスケアさんからは、マスクをいただきました。

2013y02m18d_001313280.jpg

その他、出展ブースでもらったもの。
日本メディカルネットコミュニケーションズさんからは、携帯ハブラシをいただきました。
福引で6回ハズレを引いて、6個ティッシュペーパーをいただきました。

2013y02m18d_001321402.jpg

出展ブースでもらったもの②
国際石油開発帝石さんからは、住所などを消すローラーをいただきました。
ローラーの左にどうなるか転がしてみました。

2013y02m18d_001324718.jpg
2013y02m18d_001331418.jpg

全国保証さんからは、メモパッドと水筒をいただきました。大事に使わせていただきます。

2013y02m18d_001339439.jpg

東京センチュリーリースさんからは、レザーブックカバーをいただきました。

2013y02m18d_001334063.jpg

コムチュアさんからは、ボールペンをいただきました。

2013y02m18d_001336927.jpg

イオンディライトさんからは、ライトがついたボールペンをいただきました。さすが、イオンディライト。
ボールペンのノベルティが多いのは、確実にアンケートを回収するという目的があるからだと思います。

2013y02m18d_001342741.jpg

三栄建設さんからは、時計の付いたクリッパーをいただきました。

2013y02m18d_001346592.jpg

Jトラストさんからは、ボールペンと折りたたみ傘の入れ物・ペットボトルの入れ物をいただきました。

2013y02m18d_001349773.jpg

Jトラスト社はかつて全国保証の子会社だったのですが、IRフェスタにて謎の連係プレーを見せていただきました。
ちょうど水筒がすっぽり入ります。

こういったノベルティとパンフレットなどで、合計6Kg近くのものを持ち帰りました。

思いがけずにたくさんのノベルティをいただいて、大満足です。
  1. 2013年02月18日 01:43 |
  2. IR説明会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東証IRフェスタ2013 総まとめ①

2月15日、16日と続けてIRフェスタに行ってまいりました。

一言で言えば、企業についての理解が深まった2日間でした。

2013y02m17d_205443081.jpg

東京国際フォーラムといえば、この吹き抜け!よく作ったな~。

2013y02m17d_205303695.jpg

さてさて、お目当てのIRフェスタは・・

2013y02m17d_205446079.jpg

10時開催を前に、長蛇の列を作っていました!
ざっと100人くらい並んでたように思います。

2013y02m17d_205448793.jpg

10時をすぎると、ご覧の有り様。

各社ともにノベルティの配布ラッシュ、アンケート調査のラッシュとなりました。

2013y02m17d_205459761.jpg

各社の出展ブースはこのようになってました。
このブースではIR担当者がいて、色々とお話しを聞くことができました。
印象的だったのは、質問について「わからない」という言葉を一度も聞かなかったほど、
担当者が実力者ぞろいだったことです。
自社について深い理解をしていて、そのことを平易な言葉で説明できる担当者が多かったなという印象でした。
普段から機関投資家などのプロの方に対して説明をするような立場なので、それだけ実力が備わっているんだなと思いました。

2013y02m17d_205457619.jpg

ちなみに、各社のブースでアンケートを答えると文房具などのノベルティをもらえます。
当分の間、ボールペンが不足することはなさそうです。
2日目が終わるときには、各社とも在庫のノベルティを配りまくっていました。
在庫で残しておくより、とにかく持ち帰ってもらって企業認知の向上に役立てようとのことでしょう。

予約制の重役クラスのIR説明会では、写真撮影・動画撮影・録音は禁止ということになっていました。
説明会が始まる前に、説明する場所だけを撮影しても良いか社員の人に聞いたところ、それすらもダメとのことでした。
この予約制の説明会に参加すると、またさらにノベルティをもらえます。
たとえば、ケアサービス社さんからは500円分のクオカードをいただきました。ありがとうございます。

この2日間では、とにかく各社のパンフレット・ノベルティをもらうことになりました。
家に帰って重さを測ったところ、1日目は3.3kgで、2日目が3.0kgありました。

【2日間参加してみて・・】
私自身、こういったIR説明会に参加するのは初めてだったのですが、非常に有意義な2日間でした。
良かった点をまとめると、以下の3点に集約できると思います。

 ①企業のトップの話を聞くことができる。質問ができる。
 ②各社のIR担当者はなんでも答えてくれる。難しい質問でも問題なく答えてくれる。
 ③ノベルティがもらえる。

特に悪かった点はなく、大満足です。

では、最後にフィリップ・フィッシャー先生にまとめてもらいましょう。

2013y02m17d_222121052.jpg


マンガ バフェットの師匠と相棒 (PanRolling library)マンガ バフェットの師匠と相棒 (PanRolling library)
(2007/09/13)
田中憲

商品詳細を見る

↑この本の181ページ目です。
  1. 2013年02月17日 22:15 |
  2. IR説明会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BH社、ハインツ社を280億ドルで買収 バフェット ニュース①

2月14日、バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ社はブラジルの投資会社3Gキャピタル社と共同で米食品大手のHJハインツ社を買収することを発表しました。

買収価格は前日の終値、60.48ドルに20%ほどのプレミアムを上乗せした72.50ドルで行われます。
このことによって、ハインツ社の株価は19.70%上昇、現在の株価は72.39ドルとなっています。

買収は総額で280億ドル(約2兆6000億円)です。
ハインツ社によると、食品業界史上最大の買収になるとのことです。

ハインツ社はビン詰めのケチャップが有名ですね。

この買収は12月ごろに3Gキャピタルの代表であるレーマン氏から持ちかけられました。
2人が同じ飛行機に乗っていたときに持ちかけられ、この話を聞いたバフェット氏は「私好みの取引だ」と思ったそうです。

↓レーマン氏の情報です。世界で69番目の富豪となっています。
http://www.forbes.com/profile/jorge-paulo-lemann/

ハインツ社のPBRとROEはこちら。
2013y02m15d_035805085.jpg
2013y02m15d_035811763.jpg

長期借入金が重たそうです。
2013y02m15d_045827580.jpg
2013y02m15d_045821987.jpg

この買収は、市場から233億ドルで株式を買い集め、約50億ドルの借入金を引き受ける形の総額280億ドルの買収となっています。
バークシャー社では120億から130億ドルを支払うようです。

↓ハインツ社の株価。
2013y02m15d_055123547.jpg

  1. 2013年02月15日 05:03 |
  2. バフェット ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。